母との別れ。

しばらくブログの更新が出来ずにいてごめんなさい。
心配してくれるお友達、そして支えてくれる周りの方々には、本当に感謝です。



実は・・・・・ 1月9日 最愛の母がこの世を去りました。(享年68歳)






新年早々、ラスベガス旅行中だった私達に珍しく父からの国際電話。
それは、1ヶ月半前の帰国で元気だった母が危篤という信じられない悲報でした。
パスポートを持っていなかった私達は、慌ててロサンゼルスへ戻りその足で日本へ。


父によると、年末の風邪から肺炎球菌ウイルスにやられ肺炎となり、3日に救急車で運ばれました。
その時、既に心肺停止の状態。
私達が日本へ着いたのは、4日の夜のこと。
母は、ICUで心臓さえ再び動き始めたものの、酸素吸入や体中に管をつけられ、目も閉じたまま。。
“おかあさん”と呼ぶ声に何の反応もありませんでした。
それから5日後、奇跡が起きることはなく、家族に看取られ静かに息を引き取りました。


突然失った大きな存在。心にポッカリと穴が開いたような寂しさ。
無造作に置いてある母のレスポのバッグを見ると、まだどこかに居るような・・・
そんな気がしてならないし、一緒に行ったお店に行くと当時の事を思い出してしまいます。
いつも優しい母に対して冷たい言葉をかけてしまったこともあったし、親孝行らしきこともしてあげれなかったな。
これからもっと一緒に楽しい時間を過ごしたかったし、エマちゃんの成長も見せてあげたかったし、悩みも相談したかった。
孫の成長を誰よりも喜んでいたので、帰国するのも楽しみのひとつでした。


父の仕事を23年間、休むことなく支え続け、家事にも手を抜くことなく働き者だった母。
いつも家族みんなの幸せを何よりも願っていたように思います。
決して消えることのない悲しみと、一生つきあっていけるかしら私。
楽しかった母との思い出が、いつか心の穴を埋めてくれることを今は信じて。


お母さん、たくさんの愛情をありがとう〜。お疲れさま。
天国では、肺炎の苦しみから逃れてゆっくり休んでね。



長い文章、最後まで読んでくださってありがとうございました。






いつも応援クリックありがとう♡ love by Emma  

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ


[PR]

by emmasanmama | 2012-01-15 22:41 | ばあばのこと